読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

🌟星🌙月🌞太陽

🦄アフリカンシクリッド飼育とドーベルマン&ウィペットとの日常です。

荒療治

メインの白濁が治りません…。で、濾過槽とパイプの詰まりを洗浄し、濾過材を洗濯ネットから取り出して全て洗い流しました。現状、水が真っ黒なメインです。明日朝には、澄み切った水になっていますように…。

ラテス

メイン全景コケ取り作業直後で、メチャ白濁してます。こちらサブメインも、コケ取り作業直後です。ここは白濁なし、アフシクは色鮮やかで春らしい雰囲気です。アカメ今は亡きニロチカスのサイズに近づいてきました。バラマンディ餌食い良好ですが、メインで…

途中経過

メイン全景 何だか白濁してるため、昨日換水してみましたが…あまり改善されてません。ここのところのお約束、育成組の近況。左上→インド・シーパーチ左下→アカメ右上→モノクロス右下→オセラリスWアイスポットが、成長ゆっくりなアカメの体長にほぼ追いつきま…

混泳難易度

もうすぐGWですが、自営業なのでお休みなしです。GWは鯉のぼりの季節ということで、まずはガンユイからです。もう1尾の鯉科、マハシール。マハシールの最終最大サイズを考えれば、何れかはメイン入りさせなければなりません。サラトガクーへしかしメインは、…

近況

メイン全景 ヒーターで加温しているため26°Cを下回ることがない水槽内ですが、何故か暖かくなるこの時期は魚達の活性が良く感じます。 オセラリス&モノクロス 同居中のインド・シーパーチ、アカメ、ダトプラとは格段の成長スピードを見せています。 人工飼料…

雨上がり

木曽三川公園東海広場ドッグラン 昨晩からの雨も上がり、風はありますが、お天気は上々です。 お天気は良いのですが、所々にたくさんの水たまりがあるため、ランを覗きにくる人がいても入場する人はなく貸切です。 そんなことはビショップ&ステラには関係な…

フスコ

ニムボクロミス・フスコタエニアータスフスコを見ると、何故か何時も思い出してしまいます。メチャ似ているわけではないのですが…。ウルトラQやウルトラマンに出てた『海底原人ラゴン』です。とってもつまんないネタで申し訳ありません。でも、やっぱりフス…

変更

メイン全景 本日、休業日。気のせいか、魚達もまったりとして見えます。ダトプラ壱アフシク達も、ゆったりと泳いでいます。ダトプラ弐、ペテニア×2の育成水槽を、450から350×350×250の枠無し曲げガラス水槽に変更しました。横幅は10cm短くなりましたが、奥行…

鯉

メイン全景もうすぐ、GWです。GWの5月5日は、端午の節句。鯉のぼりの季節ということで、我が家にも3種3尾の鯉がいます。ガンユイトピードパイクカラシンのような容姿ですが、中国原産の大型鯉科になります。ゴールデン・マハシール ヒマラヤンインドの大型鯉…

発色

アフリカン・シクリッド3尾のヴィクトリアン。上⇒sp.44中⇒フレームバック下⇒ニエレレイ通常、一番上のsp.44のような虹色の発色を見せるヴィクトリアン達ですが、この発色の違いは力関係からくるものです。力の弱い個体は、どうしても良い発色を見せてはくれ…

育成組

療養&育成組《60ワイド》インド・シーパーチ療養中ですが、こちら側の目にはダメージが残りました。アカメチョイと大きくなりましたが、相変わらず成長がゆったりとしてます。Wアイスポット上⇒モノクロス、下⇒オセラリス。これからの成長が楽しみな2尾です。…

不可思議

もう何年も前のことですが…。ある知人から、色鉛筆画の依頼を受けました。その知人のお嬢様の絵をお願いされたのですが…。そのお嬢様は、産まれた時に死産だったとしても不思議ではなかったほどの状態で生まれ、誕生したものの医者もほぼ匙を投げてしまうほ…

不定期、おさらい。

【1800×600×600】《タンガニィカ湖》○クーへ《アフリカ河川》○ティラピア・ブティコフェリィ×5○フェザーフィン・シノドンティス《南米》○シルバー・アロワナ《北中米》○アリゲーター・ガー○トロピカル・ジャイアント・ガー《豪州》○ノーザン・バラムンディ○…

シクラソマ

まずは、メイン全景。育成組がメイン入りする時、どのような状況になるのかは未知数ですが…。今現在は、比較的静かな混泳風景のメインです。今まで、シクラソマは気性が荒い種が多いため、飼育を躊躇していました。ところがショップでちょいとパーチぽい容姿…

飼育難易度

アイスポットは強健種。南米産シクリッドのシクラソマ属であるドヴィー、マナグエンセ、アンブリ、パーセイ、フラミンゴ等や、アフシクのクーへやマラウィ湖産シクリッド達等と比較すれば、アイスポットは相対的におとなしく、気質とサイズを間違わなければ…

アイスポット

New Faceシクラ、キクラ、テメンシス、オセラリス、アイスポット、トゥクナレ全て、本種属のことになります。メインでは、クーへが錦鯉にプレッシャーをかけ続けています。魚は主に、似た体形の種に攻撃することが多くあります。ということで、メインに導入…

土砂降り

木曽三川公園東海広場ドッグラン泥濘んでる?というよりも、プールのようなドッグランです。雨でも雪でも、犬達は楽しそうにしてます。今日はプール状態なので、泥んこにはなりません。水に濡れただけ、短毛種はこんな時には助かります。ただ…ほぼ無毛種(頭…

小浜

雪も無くなったので、久しぶりに小浜まで遠征です。小浜公園の桜は、今が盛りです。人魚の浜で、犬達を散歩させます。久しぶりの砂浜に、大喜びのビショップ&ステラ。次回は、何時に来れるかな?

育成組

現在、ダトプラ×3、インド・シーパーチ、アカメ、アイスポットを育成中です。【60ワイド】インド・シーパーチ育成中というか、メインでヤられ療養中でした。メインへと戻れる日は、何時のことになるのやら?体長、27cmほど。アカメ成長、ゆるやか。体長、約2…

まとまり無し

雑多な混泳が、個人的な好みです。南米、北中米、阿弗利加、豪州、東南亜細亜、中国、日本と多国籍な魚達が泳ぐメインです。それでもサブメインⅡは、あまりに雑多な混泳とならぬようにと、所謂、阿弗利加湖産(マラウィ湖、タンガニィカ湖。)の魚達で統一して…

春

何時ものように、メイン全景から。あまり代わり映えのないメイン。春の彩りもほぼ無しの、モノトーンなメイン。餌金だったメタ金の赤、それとクーへの黄色が少しだけメインを春らしく彩ってるかな?淡い色合いの錦鯉も、春らしい爽やかな彩りを添えてます。…

ポカポカ陽気

今日は暑いぐらいの日で、半袖でも良いぐらいの1日でした。この暑さに、チョイとバテ気味のステラ。暑さに負けず、遊び回る二頭のホワイト・シェパード。日陰に逃げるステラを、遊びに誘いに来てくれました。被毛の色が熱を反射する白と、熱を吸収しやすい黒…

ガーパイク

ガーは協調性があり、混泳優等生な魚です。トロピカル・ジャイアント・ガーガーが、混泳他魚達に悪さをすることはほぼありません。アリゲーター・ガー逆にその特徴的な古代魚然とした容姿からか、混泳他魚達から攻撃されることも少ないようです。トロジャン…

アナログ

いよいよ4月になりましたが、今月末にはレコーディングが控えています。アナログ世代のため、現在主流の記録メディアが使いこなせません。録音機器で始めて目にしたのが、こんなオープンテープデッキでした。そして、音楽はレコードプレーヤーで聞くのが当た…

暴君

メイン全景 一見、平和そうなメインです。現在の、メインのボスはシルアロでしょう。《BOSS》シルバー・アロワナ⇒ボスというより、混泳他魚達とは一線を画すような感じでしょうか?この混泳他魚達に興味を示さないシルアロの態度が、クーへ&サラトガの台頭を…

混泳再考

とりあえず、お約束のメイン全景から。クーへが錦鯉にプレッシャーをかけ続けています。体形が似てるから?だとすれば、メインへ合流予定のアイスポットも危ないかも?ダトプラ壱、600ワイドへ引越し。同じく、アイスポットも600ワイドへ引越し。体格差のあ…

お知らせ

メイン全景いつも通りのメインの画像ですが、今日は魚ネタではありません。来月末にレコーディングが決まったため、曲を覚えて練習する毎日です。本業に集中するのは当然のこと、犬達や魚達の世話などもあるために、ちょこっとだけ多忙となりました。そんな…

生き残り

メイン全景陽射しが差し込み、逆光のメイン。メインには、餌用として投入したはずの2匹の魚がいます。小赤の生き残りの金魚と、鯉仔の生き残りの錦鯉です。それにしてもデカくなりました。錦鯉、体長約50cmのクーへとの比較。そして、2年目を迎えたメタ金(メ…

普通

メイン全景いつもと変わりないメインです。アクアリウムでは、この“変わらない!”ということがとても重要なことだと私的に感じています。サブメインサブメインⅡどちらも若干の小競り合いはありますが、こちらも何ら変わりはなしです。アイスポットダトプラ壱…

春分の日

木曽三川公園今日は、フリスビードッグの大会が開かれていました。で、ランは満員で画像が撮れず。帰宅後は、居酒屋で一杯。

3ダトプラ

育成中の魚達です。メインからの出戻り、インド・シーパーチ。そして、稚魚から飼育してきたアカメ。ダトプラ壱&アイスポット。上がダトプラ弐、下がダトプラ参。3ダトプラ壱のこちら側のバンドは規則的で綺麗ですが、反対側は不規則なバンドです。体色も黒…

Blue

メイン全景アフリカン・シクリッドは、鮮やかなブルーやイエローに輝く体色がとても魅力的な魚達です。とりわけ、ブルーに発色する種の人気が高いようです。下の画像の魚達が、我が家でブルーの発色を見せてくれているアフリカンになります。ニムボクロミス…

育成中

【450×200×270】アイスポット現在のサイズ、10cm強。ダトプラ壱ダトニオは、シクリッドとの相性が悪いと言われているようです。それを裏付けるように、チョコチョコとアイスポットにチョッカイを出してるダトプラ壱。【300×180×250】ダトプラ弐独居房で悠々…

不定期、おさらい。

【1800×600×600】《タンガニィカ湖》○クーへ《アフリカ河川》○ティラピア・ブティコフェリィ×5○フェザーフィン・シノドンティス《南米》○シルバー・アロワナ《北中米》○アリゲーター・ガー○トロピカル・ジャイアント・ガー《豪州》○ノーザン・バラムンディ○…

ご乱行

メイン全景ニロチカス亡き後、クーへの台頭が著しいメイン。実質的なメインのボスはシルアロですが、サラトガとクーへがその座を狙っているようです。暴れん坊のフスコ、混泳他魚達を威嚇し追回します。一番煽りを食っていたのがフレバだったため、サブメイ…

ラン

ドッグでランランラン?とはいかず…好天で、とても暖かそうに見える画像なんですが…。風が強くて、冷たく感じられるからでしょうか?昨日と同じく、しばらくは貸切でした。帰宅直後に数組の入場がありましたが、今日も閑散としたランでした。

小雨

木曽三川公園小雨のため、ラン到着時には貸切でした。ステラのみで、のびのびとボール遊び。小雨は降ってますが、暖かい日和です。しばらくは、ステラだけの一人遊びでしたが…。バーニズとフレブル×2が、やってきてくれました。雨もやみ、お友達も来てくれて…

A面B面

ダトニオプラスワンのバンド1号のバンド、こちら側は一本が二本に分かれてます。反対側は、綺麗なバンドが出てます。2号のバンドは、細いけど綺麗です。反対側も、ほぼ同じで綺麗なバンドです。1号はバンドが一本少なく見えるので、本ダトっぽくならないかな…

依頼画

ゴールデン・レトリーバードッグランでお会いした方からのご依頼でした。2点、描き上がりました。

最大級

シクリッドの最大種は、いったいどちらか?アフリカ大陸最大級シクリッドボウレンゲロクロミス・ミクロレピスYouTubeでは、子供を守るために亀をひっくり返す場面がアップされています。現地名:クーへアメリカ大陸最大級シクリッドキクラ・オセラリス釣り人…

巨星落つ

ナイルパーチ・ニロチカス残念ですが、先程息を引き取りました。特定外来生物に指定され、リベンジが出来ない魚だけに悔いが残ります。アクアリストとしての大失態で、原因は濾過槽の掃除?かもしれませんが…真実は不明で闇のままとなりました。

緊急事態

メイン全景濾過槽の大掃除後、ニロチカスが調子を崩しました。原因は不明ですが、とりあえず1/2の換水をしてみました。水槽内のバランスが崩れたのでしょうか?現在は注視していますが、ニロチカスは底に沈んだままです。他の魚達も若干餌食いが落ちているよ…

強風

何時ものドッグラン天気は上々なんですが、台風並みの風が吹いています。おまけに、メチャ寒い日です。体感温度は更に寒いため、ビショップは車に避難。ランの面子も、ステラを入れて全4頭だけでした。

曇天

天気予報では、ところにより雨のようですが…。まだ、雨は落ちてきてません。ドッグランの帰り道、道の駅『立田ふれあいの里』へよりました。ここの道の駅の名物「蓮根入りたこ焼き」で、おやつタイム。

メイン

昨晩、濾過槽の大掃除が完了したメインです。濾過槽内は、何ヶ月分かの溜まりに溜まったヘドロの山でした。昨晩は、大掃除したばかりで白濁していたメインでしたが。お陰様で、今朝は透き通るようなピカピカの水になってました。何時もながらの、満員電車状…

大掃除

本日は、濾過槽の掃除とウールの交換をしました。1800濾過槽⇒濾過材洗浄、ウール交換。1200濾過槽⇒濾過材洗浄、ウール洗浄。見事なばかりの白濁ですが、明日にはピカピカになってるかなぁ〜。

仲が良いのか?悪いのか?

魚達の気持ちがわかるならば、混泳させるのもラクなんですが…。メインでの混泳に、2度も失敗しているインド・シーパーチ。育成中のアカメとは?バーサスモードにもかかわらず、何の問題なく混泳出来てちゃっています。45cmで混泳育成中の、ダトプラ1号&アイ…

育成組

育成組は、現在5尾います。メインからの出戻りで、メインへは戻れなくなってしまったインド・シーパーチ。アカメの成長を待ち、アカメと共にメイン入りさせることを考えています。そのアカメは、相変わらずゆったりとした成長スピードです。独居房入りしたダ…

青

アフシクと言えば、ブルーの発色です。【ティラノクロミス・ニグリベンテル】特にそのタンクのボスとなったオス(メスでは、発色そのものが見られない種もいます。)の発色には、目をみはるものがあります。【ニムボクロミス・フスコタエニアータス】上記の2尾…

ヴォーカル

バンドでのヴォーカルの重要性バンドのヴォーカルは、ただ歌が上手いだけ、ノリよく歌うだけ、聞かせる歌を歌うだけではダメだということを今になり実感しています。楽器を演奏してくれるメンバーに安心感を与え、持てる力を十二分に発揮させられるか、その…