čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒŸæ˜ŸđŸŒ™æœˆđŸŒžå¤Ēé™Ŋ

đŸĻ„ã‚ĸフãƒĒã‚Ģãƒŗã‚ˇã‚¯ãƒĒッドéŖŧč‚˛ã¨ãƒ‰ãƒŧベãƒĢマãƒŗ&ã‚Ļã‚Ŗペットとぎæ—Ĩ常です。

åŊ“たり前ぎæ—Ĩ常

ãƒĄã‚¤ãƒŗ全景

f:id:unicon3618:20161226101420j:plain

äŊ•æ™‚もと変わらãŦ魚達。

f:id:unicon3618:20161226101554j:plain

常ãĢ不変で変わるäē‹ãŒãĒい、それが一į•Ē重čĻãĒこと。

äģĨ前éŖŧč‚˛ã—ãĻいた大型魚達を、įŠŦé”ãŒãƒĄã‚¤ãƒŗæŋžéŽčŖ…įŊŽãŽé›ģæēã‚’抜いãĻしぞうというäē‹æ•…ぎためãĢ、全æģ…させãĻしぞãŖたというč‹ĻいįĩŒé¨“がありぞす。

それだけãĢ、静かãĢå„Ē雅ãĢæŗŗぐ大型魚達をčĻ‹ã‚‹ãĢつけ厉åŋƒæ„Ÿã¨į™’しを与えられãĻいぞす。

f:id:unicon3618:20161226101809j:plain

ゆãŖたりとå„Ē雅ãĢæŗŗぐ大型魚達。

ごæĨåē—しãĻくださる、おåŽĸ様įš†æ§˜ãĢも感動しãĻいただけ、魚達ãĢはいつも感čŦã—ãĻいぞす。

魚達をį›ŽåŊ“ãĻãĢæĨåē—しãĻくださるおåŽĸ様もチナホナといらãŖしゃり、č‡Ēåˇąæē€čļŗぎ単ãĒるčļŖå‘ŗãĒぎãĢ集åŽĸãĢも協力しãĻくれる、そんãĒ魚達ãĢはæœŦåŊ“ãĢ頭が下がりぞす。

そんãĒ変わらãŦæ—Ĩ常でしたが、一昨æ—ĨãĢはæŧé›ģトナブãƒĢãŒã‚ã‚Šč‚ã‚’å†ˇã‚„ã—ãžã—ãŸã€‚

あãŖãĻはãĒらãŦäē‹ã€ã“ぎčļŖå‘ŗは、変化ぎãĒいæ—Ĩ常をįļ­æŒã—įļšã‘ãĒければいけãĒいčļŖå‘ŗです。

f:id:unicon3618:20161226102722j:plain

変化がãĒくつぞらãĒいīŧŸ

いやいや〜īŧ

変化がãĒいことぎį´ æ™´ã‚‰ã—さãĢ気ãĨかãĒければ、こぎčļŖå‘ŗはįļšã‘られãĒいぎかもしれぞせん。

f:id:unicon3618:20161226103222j:plain

åŊ“たり前ぎことをåŊ“たり前ãĢすること。

ãƒĢãƒŧテã‚ŖãƒŧãƒŗぎįĩĻ餌や換水į­‰ã‚’、æ—Ĩã€…æˇĄã€…ã¨ã“ãĒしãĻいくこと。

f:id:unicon3618:20161226103355j:plain

æœŦåŊ“ãĢåĨŊきでãĒければ、įļšã‘られãĒいčļŖå‘ŗãĒぎかもしれぞせん。

そしãĻそぎ上で、大型魚ãĢãĒればそぎįļ­æŒč˛ģも半įĢ¯ã§ã¯ã‚りぞせん。

大型魚を゚トãƒŦã‚šãĒくæœŦæ ŧįš„ãĢéŖŧč‚˛ã™ã‚‹ãŸã‚ãĢã¯ã€č†¨å¤§ãĒč˛ģį”¨ã¨č¨­å‚™ãŒåŋ…čĻã§ã€å¤§åž‹æ°´æ§Ŋ設įŊŽãŽãŸã‚ãŽå ´æ‰€ã‚„æŦå…ĨįĩŒčˇ¯ãŽįĸēäŋã€č¨­įŊŽå ´æ‰€ãŽåē•åēŠãŽčŖœåŧˇã€å ´åˆãĢよãŖãĻは新į¯‰æ™‚ã‹ã‚‰ãŽč¨ˆį”ģįš„ãĒ設計æ–ŊåˇĨį­‰ãŒåŋ…čĻã¨ãĒり、一čˆŦã‚ĩナãƒĒãƒŧマãƒŗでは到åē•é›ŖしいčļŖå‘ŗであるとäŊ•å‡ĻかでčĻ‹čžãã—たこともありぞす。

情į†ąã ã‘では、åĻ‚äŊ•ã¨ã‚‚しé›Ŗいäē‹åŽŸãŒãã“ãĢ存在しãĻいぞす。

f:id:unicon3618:20161226104508j:plain

貥į”ŖをéŖŸã„æŊ°ã—ãĻしぞうäēŒå¤§æ‚ĒčļŖå‘ŗが、「ジã‚ĒãƒŠãƒžãŽé‰„é“æ¨Ąåž‹ã€ã¨ã€Œã‚ĸクã‚ĸãƒĒã‚Ļãƒ ã€ã ã¨ã‚‚čžã„ãŸã“ã¨ãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚

äģ–ぎčļŖå‘ŗでæ•Ŗč˛Ąã™ã‚‹äēēもいれば、酒やåĨŗãĢæēēれ、ゎãƒŖãƒŗブãƒĢでčēĢã‚’æŒãĄå´Šã™äēēもいるぎで、それは一æĻ‚ãĢはåŊ“ãĻåĩŒãžã‚‰ãĒいぎではīŧŸã¨ã‚‚思いぞすが、世間一čˆŦからはそんãĒ感じãĢčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãŒãĄãĒčļŖå‘ŗであることはäē‹åŽŸãĒぎでしょう。

f:id:unicon3618:20161226105121j:plain

昨æ—ĨはクãƒĒã‚šãƒžã‚šã§ã€æŽ‹ã‚Šä¸€é€ąé–“ã§äģŠåš´ã‚‚įĩ‚わり、新しい嚴が始ぞりぞす。

å­Ŗį¯€ãŒį§ģり変わãŖãĻも、įļ­æŒįŽĄį†ã‚’įļšã‘ãĻいる魚達ぎæ—Ĩ常ãĢはäŊ•ãŽå¤‰åŒ–ã‚‚ãĒく、時がį§ģろいでいきぞす。

『頑åŧĩり過ぎãĒいéŖŧč‚˛ã€ã‚’ãƒĸットãƒŧãĢã‚ĸクã‚ĸãƒĒã‚ĻムをæĨŊしんでいぞす。

f:id:unicon3618:20161226105628j:plain