読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

🌟星🌙月🌞太陽

🦄アフリカンシクリッド飼育とドーベルマン&ウィペットとの日常です。

幼魚

Lates

f:id:unicon3618:20170212115926j:plain

f:id:unicon3618:20170212115946j:plain

f:id:unicon3618:20170212120004j:plain

f:id:unicon3618:20170212120302j:plain

上の4枚の画像は、我が家のLates達の幼魚期のものです。

近縁種だから当然よく似ていますし、インド・シーパーチとバラマンディは学名が同一で、以前はアカメも同種とされていました。

どれが、どの種名なのかは飼育者しか区別ができないかもしれませんね。


ということで、上の画像のLates達の種名です。


一番上から

「ナイルパーチ・ニロチカス」

「オーストラリア・バラマンディ」

「インド・シーパーチ」

「アカメ」

になります。


f:id:unicon3618:20170212130813j:plain

同種の魚であっても、個体差により体格や成長スピード、性格なども違ってきます。

これは、人間でも同じです。

f:id:unicon3618:20170212130833j:plain

f:id:unicon3618:20170212130852j:plain

何でも食べる上のダトニオの成長は顕著ですが、下のダトニオは生き餌しか食べないために成長がゆるやかです。

f:id:unicon3618:20170212131030j:plain

メインのアカメは、何でも食べる上に、性格も積極的で臆病ではないために成長スピードがとても速いようです。

育成中のアカメは、臆病というほどではありませんが成長はゆるやかです。

f:id:unicon3618:20170212131247j:plain

f:id:unicon3618:20170212131308j:plain

同時期に、ほぼ同サイズでメイン入りしたバラマンディとアカメですが、積極的で餌の選り好みをしないアカメの成長がとても速いです。

f:id:unicon3618:20170212131747j:plain

アリガーとトロジャン

爆発的な成長か?と感じるのは、成長スピードが速いので有名なアリガーではなく、寧ろトロジャンの方のようです。

これも、個体差なのでしょう。

f:id:unicon3618:20170212132103j:plain

f:id:unicon3618:20170212132124j:plain

最後はアロワナの鱗です。

上⇒シルバー・アロワナ

下⇒ノーザン・バラムンディ

近縁種であっても、かなりの違いがあります。