čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒŸæ˜ŸđŸŒ™æœˆđŸŒžå¤Ēé™Ŋ

đŸĻ„ã‚ĸフãƒĒã‚Ģãƒŗã‚ˇã‚¯ãƒĒッドéŖŧč‚˛ã¨ãƒ‰ãƒŧベãƒĢマãƒŗ&ã‚Ļã‚Ŗペットとぎæ—Ĩ常です。

ヴりãƒŧã‚ĢãƒĢ

バãƒŗドでぎヴりãƒŧã‚ĢãƒĢぎ重čĻæ€§

f:id:unicon3618:20170302122444j:plain

バãƒŗドぎヴりãƒŧã‚ĢãƒĢは、ただ歌が上手いだけ、ノãƒĒã‚ˆãæ­Œã†ã ã‘ã€čžã‹ã›ã‚‹æ­Œã‚’æ­Œã†ã ã‘ã§ã¯ãƒ€ãƒĄã ã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚’äģŠãĢãĒり原感しãĻいぞす。

æĨŊ器をæŧ”åĨã—ãĻãã‚Œã‚‹ãƒĄãƒŗバãƒŧãĢ厉åŋƒæ„Ÿã‚’与え、持ãĻる力を十äēŒåˆ†ãĢį™ē揎させられるか、そぎ上でいかãĢčĻŗåŽĸをį…Ŋりåŧ•ãčžŧãŋ、バãƒŗドと一äŊ“化させることができるぎかということを、ã‚ŊロãĢãĒãŖãĻから始めãĻ原感することãĢãĒりぞした。

f:id:unicon3618:20170302130319j:plain

ヴりãƒŧã‚ĢãƒĢãĢは、ã‚ĢãƒĒ゚マ性がåŋ…čĻä¸å¯æŦ ã¨ã•ã‚ŒãĻいぞす。

åŖ˛ã‚ŒãĻいるバãƒŗドãĢは、į§€é€¸ãĒヴりãƒŧã‚ĢãƒĢぎ存在がありぞす。

ãƒĄã‚¤ãƒŗヴりãƒŧã‚ĢãƒĢが、歌ぎ上手さだけではãĒくčĻŗåŽĸをåŧ•ãčžŧむトãƒŧã‚¯ãŽä¸Šæ‰‹ã•ã‚‚æŒãĄåˆã‚ã›ãĻいれば、æĨŊ器をæŧ”åĨã—ãĻãã‚Œã‚‹ãƒĄãƒŗバãƒŧが䞋えé ŧりãĒã„ãƒĄãƒŗバãƒŧであãŖãĻも、ã‚ĢãƒĒ゚マ性ぎéĢ˜ã„バãƒŗドへと化けさせãĻしぞうことも可čƒŊとãĒるでしょう。

f:id:unicon3618:20170302130831j:plain

バãƒŗドはã‚Ŋロとは違いぞす。

ã‚ŊロãĢãĒり原感することがたくさんありぞした。


「į´ æ™´ã‚‰ã—いæĨŊ器ぎæŧ”åĨã§ã‚ãŖãĻもäēēをæŗŖかすことはé›Ŗしい、しかし、歌はäēēをæŗŖかすことがå‡ēæĨる。」


おんãĒãĢ情į†ąįš„ãĒæŧ”åĨã‚’ã—ã€ããŽæ€ã„ã‚’č´ãæ‰‹ãĢäŧãˆã‚ˆã†ã¨ã—ãĻã‚‚ã€č¨€č‘‰ãŒį„Ąã„ためãĢそぎ情į†ąįš„ãĒ感情は原ãĢ曖昧ãĒもぎãĢãĒãŖãĻしぞうでしょう。

歌ãĢã¯č¨€č‘‰ãŒã‚ã‚Šã€æ„Ÿæƒ…ã‚’ãƒ€ã‚¤ãƒŦクトãĢäŧãˆã‚‰ã‚Œã‚‹å´éĸもありぞす。

それが、äēēぎåŖ°ã¨æĨŊ器とぎ大きãĒ違いãĒぎでしょう。

それでも、歌うだけではäŊ•ã‹čļŗらãĒいもぎがあるんだと感じられるようãĢもãĒりぞした。


歌をよりダイãƒŦクトãĢč´ãæ‰‹ãĢäŧãˆã‚ˆã†ã¨ã—た場合ãĢは、æĨŊ器ぎį”Ÿæŧ”åĨã¨ã„うもぎがåŋ…čĻä¸å¯æŦ ã¨ãĒり、それらがよりクロãƒŧã‚ēã‚ĸップされãĻくることとãĒるぎだと。

f:id:unicon3618:20170302132548j:plain

æĨŊ器ãĢはäēēぎåŖ°ãĢãĒい魅力があり、æĨŊ器をæŧ”åĨã—ãĻãã‚Œã‚‹ãƒĄãƒŗバãƒŧとヴりãƒŧã‚ĢãƒĢが一äŊ“化しãĒã‘ã‚Œã°ã€č‰¯ã„ã‚‚ãŽã¯äŊœã‚ŒãĒいということをã‚Ŋロで歌うようãĢãĒり気ãĨき始めぞした。


č‹Ĩい頃、協čĒŋ性がį„Ąã„とバãƒŗドをčŋŊわれたį†į”ąãŒã€äģŠãĢãĒãŖãĻį†č§ŖできたようãĒ気がしぞす。

f:id:unicon3618:20170302132918j:plain

ã‚Ŋロでぎミニナイブ(というより、ナイブごãŖこį¨‹åēĻです。)で、バックを務めãĻ下さãŖたバãƒŗãƒ‰ãƒĄãƒŗバãƒŧぎįš†æ§˜ã‹ã‚‰ã€ãã‚“ãĒことをį„Ąč¨€ã§æ•™ãˆã‚‰ã‚ŒãŸã‚ˆã†ãĢ感じãĻいぞす。


č‡Ē分č‡ĒčēĢぎäēēį”ŸãŽä¸­ã§ã€ã“ぎå‡ēäŧšã„はį´ æ™´ã‚‰ã—いもぎだãŖたんだãĒという思いがありぞす。

チãƒŖãƒŗ゚があるãĒã‚‰ã€ã‚ãŽãƒĄãƒŗバãƒŧで最éĢ˜ãŽãƒŠã‚¤ãƒ–ã‚’äŊœã‚ŒãŸãĒらとäģŠã‚‚éĄ˜ãŖãĻいぞす。