čĒ­č€…です čĒ­č€…をやめる čĒ­č€…ãĢãĒる čĒ­č€…ãĢãĒる

đŸŒŸæ˜ŸđŸŒ™æœˆđŸŒžå¤Ēé™Ŋ

đŸĻ„ã‚ĸフãƒĒã‚Ģãƒŗã‚ˇã‚¯ãƒĒッドéŖŧč‚˛ã¨ãƒ‰ãƒŧベãƒĢマãƒŗ&ã‚Ļã‚Ŗペットとぎæ—Ĩ常です。

ä¸å¯æ€č­°

もうäŊ•åš´ã‚‚前ぎことですがâ€Ļ。


あるįŸĨäēēã‹ã‚‰ã€č‰˛é‰›į­†į”ģぎ䞝é ŧを受けぞした。


そぎįŸĨäēēぎおåŦĸ様ぎįĩĩã‚’ãŠéĄ˜ã„ã•ã‚ŒãŸãŽã§ã™ãŒâ€Ļ。


そぎおåŦĸ様は、į”Ŗぞれた時ãĢæ­ģį”ŖだãŖたとしãĻã‚‚ä¸æ€č­°ã§ã¯ãĒかãŖたãģおぎįŠļ態でį”Ÿãžã‚Œã€čĒ•į”Ÿã—たもぎぎåŒģč€…ã‚‚ãģãŧ匙を投げãĻしぞうãģおだãŖãŸã¨čžã„ãĻいぞす。


そんãĒįŠļ態ぎåŊŧåĨŗが21åš´ã‚‚ãŽé•ˇã„åš´æœˆãŽé–“ã€į´ æ™´ã‚‰ã—いį”Ÿå‘Ŋ力でį”Ÿå‘Ŋをįš‹ã„だぎだそうです。


åŊŧåĨŗは、äģŠãŽæ™‚期と同じようãĒčŊ花į››ã‚“ãĒæĄœåšé›Ēぎ中で旅įĢ‹ãŖãĻ逝ãŖたそうです。


そんãĒåŊŧåĨŗぎįĩĩã‚’ãŠéĄ˜ã„ã•ã‚Œã€æ™Žé€šãĢ元気ãĒåĨŗぎ子ãĒらば可愛らしい洋服や、こんãĒ感じぎį€į‰Šã‚‚į€ãŸã‹ãĒīŧŸã‚ģãƒŧナãƒŧ服もį€ãŸã‚ˆã­īŧŸã¨ã„ãŖãŸæ„Ÿã˜ã§æ•°æžšãŽč‰˛é‰›į­†į”ģを厌成させぞした。


そしãĻã€ããŽč‰˛é‰›į­†į”ģをįŸĨäēēãĢæ‰‹æ¸Ąã—ãžã—ãŸã€‚


数æ—Ĩ垌â€Ļ。


䞝é ŧされたįŸĨäēēã‹ã‚‰ã€éŠšãčŠąã‚’čžã‹ã•ã‚Œãžã—ãŸã€‚


「描いãĻくださãŖたįĩĩâ€Ļ。」


「あぎį€į‰ŠãŽįĩĩですがâ€Ļ。」


「あぎį€į‰Šã¨åŒã˜č‰˛ã€åŒã˜æŸ„ぎもぎを娘は持ãŖãĻいるんです。」


とæļ™åŖ°ã§ãŠčŠąã—ãĻくださいぞした。


č‡Ē分は、そぎおåŦĸ様がį€į‰Šã‚’持ãŖãĻいることすらįŸĨらされãĻいãĒかãŖたためãĢ、銚いたãĒおというもぎではありぞせんでした。


きãŖとåŊŧåĨŗが、įĩĩを描くč‡Ē分ぎ手ãĢ、åŊŧåĨŗč‡ĒčēĢぎ手をæˇģえãĒがらâ€Ļ。

ã“ã“ã¯ã“ãŽč‰˛ã§ã€ã“ã“ã¯ã“ã‚“ãĒ柄でと描かせãĻくれたぎでしょう。


おåŦĸ様がäēĄããĒられ、もう10åš´ãģおãĢãĒりぞす。


æĄœãŒæ•Ŗり始めると、äŊ•æ™‚も思いå‡ēすâ€Ļ。


ä¸å¯æ€č­°ãĒå‡ēæĨäē‹ã§ã™ã€‚