読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

🌟星🌙月🌞太陽

🦄アフリカンシクリッド飼育とドーベルマン&ウィペットとの日常です。

荒療治

メインの白濁が治りません…。

f:id:unicon3618:20170423213722j:plain

で、濾過槽とパイプの詰まりを洗浄し、濾過材を洗濯ネットから取り出して全て洗い流しました。

f:id:unicon3618:20170423214107j:plain

現状、水が真っ黒なメインです。

明日朝には、澄み切った水になっていますように…。

ラテス

メイン全景

f:id:unicon3618:20170423110722j:plain

コケ取り作業直後で、メチャ白濁してます。

f:id:unicon3618:20170423110952j:plain

こちらサブメインも、コケ取り作業直後です。

f:id:unicon3618:20170423111125j:plain

ここは白濁なし、アフシクは色鮮やかで春らしい雰囲気です。

f:id:unicon3618:20170423111337j:plain

アカメ

今は亡きニロチカスのサイズに近づいてきました。

f:id:unicon3618:20170423111506j:plain

バラマンディ

餌食い良好ですが、メインではガンユイに次いで最弱キャラです。

f:id:unicon3618:20170423111623j:plain

育成組のアカメ

ゆっくりな成長速度で、同居中のアイスポット達にサイズが追いつかれました。

f:id:unicon3618:20170423111807j:plain

インド・シーパーチ

メイン入りができず、育成組と同居中。

f:id:unicon3618:20170423111953j:plain

鯉のぼりの季節ですから、お約束の錦鯉です。

途中経過

メイン全景

f:id:unicon3618:20170422120642j:plain

何だか白濁してるため、昨日換水してみましたが…あまり改善されてません。

f:id:unicon3618:20170422144511j:plain

ここのところのお約束、育成組の近況。

左上→インド・シーパーチ

左下→アカメ

右上→モノクロス

右下→オセラリス

Wアイスポットが、成長ゆっくりなアカメの体長にほぼ追いつきました。

f:id:unicon3618:20170422144817j:plain

ダトプラ壱

f:id:unicon3618:20170422144903j:plain

ダトプラ弐

f:id:unicon3618:20170422144953j:plain

ダトプラ参

3ダトプラは、大きくなったら取り敢えず90で飼育予定。

f:id:unicon3618:20170422145031j:plain

ペテニア(イエロー)

f:id:unicon3618:20170422145108j:plain

ペテニア(ノーマル)

2ペテニアは、こちらも取り敢えず大きくなったら75で飼育予定。

ペテニアの最大体長は50cmと記載がありますが、20cmとの表記も見たりします。

希望としては、25cmぐらいで成長がとまることを願ってます。

f:id:unicon3618:20170422145200j:plain

Gマハシール ヒマラヤン

大きくなりましたが、メイン入りさせるのはまだまだ先です。

f:id:unicon3618:20170422145308j:plain

最後は、餌用鯉仔として¥25で購入した錦鯉。

鯉のぼりの季節までは、ガンユイ、マハシールと共に主役の座に推しておきます。

混泳難易度

もうすぐGWですが、自営業なのでお休みなしです。

f:id:unicon3618:20170420163659j:plain

GWは鯉のぼりの季節ということで、まずはガンユイからです。

f:id:unicon3618:20170420164025j:plain

もう1尾の鯉科、マハシール。

マハシールの最終最大サイズを考えれば、何れかはメイン入りさせなければなりません。

f:id:unicon3618:20170420164251j:plain

サラトガ

f:id:unicon3618:20170420164405j:plain

クーへ

しかしメインは、荒くれ者達の巣窟。

f:id:unicon3618:20170420164551j:plain

ナイティラ

成長著しく、奥行45cmのサブメインでは狭くなってきました。

f:id:unicon3618:20170420164750j:plain

ナイティラは、メインでブチコにボコボコにされた経緯があります。

サイズ的には、ブチコ達よりもナイティラの方がデカくなり、当時とは状況が違っていますが…。

サイズが大きいからといって、混泳が成功するとは限らないところが悩ましいところです。

f:id:unicon3618:20170420165247j:plain

メインのアカメ。

60ワイドにも、育成中のアカメがいます。

f:id:unicon3618:20170420165450j:plain

こちらは、バラマンディ。

60ワイドでは、メイン入りを何度も失敗しているインド・シーパーチを育成中。

そして、Wアイスポットも育成中。

メイン入りさせる時は、一気にこの4尾を投入予定です。

f:id:unicon3618:20170420165935j:plain

本来気性の荒いアフリカン・シクリッド達が、とても大人しく見えてしまいます。

近況

メイン全景

f:id:unicon3618:20170419165809j:image

ヒーターで加温しているため26°Cを下回ることがない水槽内ですが、何故か暖かくなるこの時期は魚達の活性が良く感じます。

f:id:unicon3618:20170419165930j:image

オセラリス&モノクロス

同居中のインド・シーパーチ、アカメ、ダトプラとは格段の成長スピードを見せています。

人工飼料に餌付いているのが、その際たる要因でしょう。

f:id:unicon3618:20170419170031j:image

 ダトプラ壱

成長が一番早いダトプラでしたが、人工飼料を拒食する時が多々あり成長がゆっくりになりました。

f:id:unicon3618:20170419170043j:image

 ダトプラ弐

成長が一番遅いダトプラ弐。

活性が上がるのを期待して、Wペテニアと3餌金と同居中です。

f:id:unicon3618:20170419170053j:image

 ダトプラ参

こちらのダトプラは、順調な成長スピードです。

f:id:unicon3618:20170419170116j:image

 ペテニア(黄)

f:id:unicon3618:20170419170126j:image 

 ペテニア(ノーマル)

 成長が早い?ようなので、遊んでる75cm水槽をセットしようかと考え中です。

雨上がり

木曽三川公園東海広場ドッグラン

f:id:unicon3618:20170418131901j:image

昨晩からの雨も上がり、風はありますが、お天気は上々です。

f:id:unicon3618:20170418131935j:image

お天気は良いのですが、所々にたくさんの水たまりがあるため、ランを覗きにくる人がいても入場する人はなく貸切です。

f:id:unicon3618:20170418132055j:image

そんなことはビショップ&ステラには関係なし、帰りの車の中ではまだまだ遊び足らず不服そうな顔をしています。

f:id:unicon3618:20170418132304j:image

今日は風も強いし、ほどほどということでの帰宅です。

f:id:unicon3618:20170418132459j:image

ビショップは寒がりなので、ちょうど良いぐらいだったかもしれません。

フスコ

ニムボクロミス・フスコタエニアータス

f:id:unicon3618:20170417094125j:plain

フスコを見ると、何故か何時も思い出してしまいます。

f:id:unicon3618:20170417094241j:plain

メチャ似ているわけではないのですが…。

f:id:unicon3618:20170417094336j:plain

ウルトラQやウルトラマンに出てた

『海底原人ラゴン』です。

f:id:unicon3618:20170417094538j:plain

とってもつまんないネタで申し訳ありません。

f:id:unicon3618:20170417094843j:plain

でも、やっぱりフスコを見るたびに思い出してしまいます。

f:id:unicon3618:20170417095432j:plain

それにしても、ウルトラゾーンに出てたラゴンは可愛らしい。

変更

メイン全景

f:id:unicon3618:20170417085417j:plain

本日、休業日。

f:id:unicon3618:20170417085526j:plain

気のせいか、魚達もまったりとして見えます。

f:id:unicon3618:20170417085725j:plain

ダトプラ壱

f:id:unicon3618:20170417085947j:plain

アフシク達も、ゆったりと泳いでいます。

f:id:unicon3618:20170417090231j:plain

ダトプラ弐、ペテニア×2の育成水槽を、450から350×350×250の枠無し曲げガラス水槽に変更しました。

横幅は10cm短くなりましたが、奥行と高さが増して若干広くなり、水量も8ℓ増えて30ℓになりました。

ダトプラ弐がペテニア達にチョコチョコ悪戯するので、当て馬に餌用金魚を3尾入れました。

鯉

メイン全景

f:id:unicon3618:20170416103636j:plain

もうすぐ、GWです。

f:id:unicon3618:20170416103757j:plain

GWの5月5日は、端午の節句。

鯉のぼりの季節ということで、我が家にも3種3尾の鯉がいます。

f:id:unicon3618:20170416103857j:plain

ガンユイ

トピードパイクカラシンのような容姿ですが、中国原産の大型鯉科になります。

f:id:unicon3618:20170416103950j:plain

ゴールデン・マハシール  ãƒ’マラヤン

インドの大型鯉科、神の魚と呼ばれる黄金の鯉です。

f:id:unicon3618:20170416104114j:plain

最後は、生きた宝石とも呼ばれる錦鯉。

元々は餌用鯉仔だったのですが、こんなに立派に成長しました。

発色

アフリカン・シクリッド

f:id:unicon3618:20170415124349j:plain


f:id:unicon3618:20170415124437j:plain


f:id:unicon3618:20170415124507j:plain

3尾のヴィクトリアン。

上⇒sp.44

中⇒フレームバック

下⇒ニエレレイ

通常、一番上のsp.44のような虹色の発色を見せるヴィクトリアン達ですが、この発色の違いは力関係からくるものです。

力の弱い個体は、どうしても良い発色を見せてはくれません。

f:id:unicon3618:20170415125027j:plain

ヤコブはメスのようですが、真っ赤に発色してます。

f:id:unicon3618:20170415125344j:plain

Dコンプもヤコブも、フスコがボスの90スリムの住人ですが…。

フスコのプレッシャーがあっても、この2尾はそこそこの発色を見せています。

f:id:unicon3618:20170415125626j:plain

1200は、ナイティラ&ティラノがツートップですが…。

このVC-10は、素晴らしい発色を見せています。

魚達の発色は、力関係だけで発色に差が出ているだけではないのかもしれませんね。

f:id:unicon3618:20170415125934j:plain

1200のボス、ティラノ。

f:id:unicon3618:20170415130016j:plain

900スリムのボス、フスコ。

ボスの座に君臨する2尾だけに、その発色はとても素晴らしいです。


それにしても、何時も記載していることですが…。

本当にこの2尾は、瓜二つです。

育成組

療養&育成組

《60ワイド》

f:id:unicon3618:20170414135857j:plain

インド・シーパーチ

療養中ですが、こちら側の目にはダメージが残りました。

f:id:unicon3618:20170414140451j:plain

アカメ

チョイと大きくなりましたが、相変わらず成長がゆったりとしてます。

f:id:unicon3618:20170414140558j:plain

Wアイスポット

上⇒モノクロス、下⇒オセラリス。

これからの成長が楽しみな2尾です。

f:id:unicon3618:20170414140813j:plain

ダトプラ壱

成長が遅いと言われるダトニオですが、こいつは別格のようです。


《45》

f:id:unicon3618:20170414140959j:plain

ダトプラ弐

我が家に3尾いるダトプラの中で、一番成長が遅いのがこいつです。

f:id:unicon3618:20170414141048j:plain

ペテニア(ノーマル)

f:id:unicon3618:20170414141205j:plain

ペテニア(黄)

一様、ノーマルと黄としましたが、成長するとどんな体色になるか楽しみです。


《30》

f:id:unicon3618:20170414141321j:plain

ダトプラ参

独居房で、順調な成長をしています。

不可思議

もう何年も前のことですが…。


ある知人から、色鉛筆画の依頼を受けました。


その知人のお嬢様の絵をお願いされたのですが…。


そのお嬢様は、産まれた時に死産だったとしても不思議ではなかったほどの状態で生まれ、誕生したものの医者もほぼ匙を投げてしまうほどだったと聞いています。


そんな状態の彼女が21年もの長い年月の間、素晴らしい生命力で生命を繋いだのだそうです。


彼女は、今の時期と同じような落花盛んな桜吹雪の中で旅立って逝ったそうです。


そんな彼女の絵をお願いされ、普通に元気な女の子ならば可愛らしい洋服や、こんな感じの着物も着たかな?セーラー服も着たよね?といった感じで数枚の色鉛筆画を完成させました。


そして、その色鉛筆画を知人に手渡しました。


数日後…。


依頼された知人から、驚く話を聞かされました。


「描いてくださった絵…。」


「あの着物の絵ですが…。」


「あの着物と同じ色、同じ柄のものを娘は持っているんです。」


と涙声でお話してくださいました。


自分は、そのお嬢様が着物を持っていることすら知らされていなかったために、驚いたなどというものではありませんでした。


きっと彼女が、絵を描く自分の手に、彼女自身の手を添えながら…。

ここはこの色で、ここはこんな柄でと描かせてくれたのでしょう。


お嬢様が亡くなられ、もう10年ほどになります。


桜が散り始めると、何時も思い出す…。


不可思議な出来事です。

不定期、おさらい。

【1800×600×600】

f:id:unicon3618:20170413110703j:plain

《タンガニィカ湖》

○クーへ

《アフリカ河川》

○ティラピア・ブティコフェリィ×5

○フェザーフィン・シノドンティス

《南米》

○シルバー・アロワナ

《北中米》

○アリゲーター・ガー

○トロピカル・ジャイアント・ガー

《豪州》

○ノーザン・バラムンディ

○オーストラリア・バラマンディ

《タイ》

○パールン

《中国》

○ガンユイ

《日本》

○アカメ

○金魚(小赤の生き残り)

○錦鯉(鯉仔の生き残り)


小計:17匹


【1200×450×450】

f:id:unicon3618:20170413110912j:plain

《タンガニィカ湖》

○キフォティラピア・フロントーサ

《マラウィ湖》

○ティラノクロミス・ニグリベンテル 

○フォッソクロミス・ロストラータス

○ニムボクロミス・ヴェヌストゥス

○ニムボクロミス・リビングストニィ

○スーパー“VC-10”

○カンプソクロミス・カエルレウス

《ヴィクトリア湖》

○ハプロクロミス・ニエレレイ

○ハプロクロミス・フレームバック

○ハプロクロミス・sp.44

《アフリカ河川》

○ナイル・ティラピア

○シノドンティス・ニグリタ

《インド、ネパール》

○ゴールデン・マハシール ヒマラヤン


小計:13匹


【900×300×350】

f:id:unicon3618:20170413111056j:plain

《タンガニィカ湖》

○アルトランプロローグス・コンプレシケプス

○トロフェウス・ドゥボシィ

《マラウィ湖》

○ニムボクロミス・フスコタエニアータス

○ディミディオクロミス・コンプレシケプス

○ケイロクロミス・エウキルス

○アウロノカラ・ヤコブフレイベルギィ

《ハイブリッド》

○フスコ×ヤコブ×2


小計:8匹


【600×450×450】

f:id:unicon3618:20170413111251j:plain

《南米》

○キクラ・オセラリス

○キクラ・モノクロス

《インド》

○インド・シーパーチ

《ボルネオ》

○ダトニオ・プラス・ワン

《日本》

○アカメ


小計:5匹


【450×200×270】

f:id:unicon3618:20170413111610j:plain

《メキシコ》

○ペテニア・スプレンティダ×2

《ボルネオ》

○ダトニオ・プラス・ワン


小計:3匹


【300×180×250】

f:id:unicon3618:20170413112003j:plain

《ボルネオ》

○ダトニオ・プラス・ワン


小計:1匹


合計:47匹

シクラソマ

まずは、メイン全景。

f:id:unicon3618:20170413090734j:plain

育成組がメイン入りする時、どのような状況になるのかは未知数ですが…。

今現在は、比較的静かな混泳風景のメインです。

f:id:unicon3618:20170413091043j:plain

今まで、シクラソマは気性が荒い種が多いため、飼育を躊躇していました。

f:id:unicon3618:20170413091226j:plain

ところがショップでちょいとパーチぽい容姿の、こんなシクラソマを見つけてしまいました。

f:id:unicon3618:20170413091419j:plain

同種なのに、何故か色が違う。

単なる個体差なのか?雌雄の違いなのか?

とりあえず、色違いの2尾を購入してきました。

f:id:unicon3618:20170413091531j:plain

ペテニアスプレンティダ

前方へ伸長する特徴的な口唇をもったメキシコ原産の一属一種のシクリッドです。
湖や渓谷の中の川に生息する。川の真ん中の底が砂や柔らかい泥が沈殿した深みで流れがやや緩やかになった場所を好み、小魚を食べている。

飼育難易度

アイスポットは強健種。

f:id:unicon3618:20170412140109j:plain

南米産シクリッドのシクラソマ属であるドヴィー、マナグエンセ、アンブリ、パーセイ、フラミンゴ等や、アフシクのクーへやマラウィ湖産シクリッド達等と比較すれば、アイスポットは相対的におとなしく、気質とサイズを間違わなければ混泳させやすいシクリッドです。

f:id:unicon3618:20170412140524j:plain

気をつける点は、水質悪化、酸欠、餌切れなどと、他の大型魚と然程の違いはなく飼育難易度はそれほど高くはないと言えるかもしれません。

f:id:unicon3618:20170412141232j:plain

同居中のアカメ&インド・シーパーチ。

f:id:unicon3618:20170412141503j:plain

そして、ダトニオプラスワン。

f:id:unicon3618:20170412143513j:plain

オセラリス

飼育する上で一番の注意点は?こうした大型魚に共通することなんですが…。

特にアイスポットは恐ろしいほどの大食漢で、稚魚幼魚期に餌を切らすとヒネて大きく成長しなかったりします。

f:id:unicon3618:20170412144436j:plain

モノクロス

それゆえに餌代が半端なくかかり、それなりの覚悟が必要になります。

お財布事情も考慮するならば、アイスポットはとても飼育難易度の高い魚ということになるでしょう。