読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

🌟星🌙月🌞太陽

🦄アフリカンシクリッド飼育とドーベルマン&ウィペットとの日常です。

ガーパイク

古代魚飼育を始めた15年ほど前、一番好きな魚がガーパイクでした。
f:id:unicon3618:20170209142931j:plain
ほぼ、ガーパイク全種を飼育していました。

f:id:unicon3618:20170209143025j:plain

1メーター超えの、アリゲーター・ガー

f:id:unicon3618:20170209143103j:plain

当時、まだ日本に100尾も入っていなかった塚平貞俊氏のチャパシウス・ガー。

f:id:unicon3618:20170209143338j:plain

トロピカル・ジャイアント・ガー

f:id:unicon3618:20170209143423j:plain

ニカラグア・トロピカル・ガー

f:id:unicon3618:20170209143628j:plain

マンファリ

f:id:unicon3618:20170209143517j:plain

ショート・ノーズ・ガー

f:id:unicon3618:20170209143554j:plain

ロング・ノーズ・ガー

f:id:unicon3618:20170209143740j:plain

スポッテッド・ガー

フロリダ・スポッテッド・ガー

f:id:unicon3618:20170209143858j:plain

そのガーパイクが、来年には「特定外来生物」への指定がほぼ決定?しているようです。

中国ケツ魚の時、そして現在飼育中のナイルパーチと…計二回「特定外来生物飼養等許可証」を取得しました。

f:id:unicon3618:20170209144432j:plain

そもそも、申請までする人は密放流はしない人だと思います。

二度とガーの飼育が出来なくなり、ガーが日本から消えてしまうことが悲しくて仕方がありません。

こうして、ブログには何度も何度もしたためていますが…何度記載してもしたりないほどです。

規制されるまでに、何度ガーのことを記載することになるのでしょうか?

f:id:unicon3618:20170209144847j:plain

以前に描いた、アリゲーター・ガーとマンファリの色鉛筆画です。

f:id:unicon3618:20170209145123j:plain

今は、規制前に飛び込みで再びアリゲーター・ガーとトロピカル・ジャイアント・ガーを飼育しています。

これが、我が家最後のガー達になります。